緑茶の効能がなかなかです。

  
お茶の美味しい季節がやってきましたがお茶ってありがたい効能が盛りだくさんなんですね。

1. 心臓を守る
1日2~3杯のお茶は、心臓病のリスクを低減してくれる。特に緑茶は心臓の動脈を柔軟にする効果があるため、血圧の変化にスムーズに対応できるようになるとか。また、抗酸化物質のフラボノイドは、内皮細胞を活性化させ、血管のつまりを防いでくれるという。

2.

免疫力アップカテキンには、ウィルスを撃退する効果がある。ある臨床研究では、緑茶に風邪菌の増殖を防ぐ作用があることも立証されている。これは、緑茶が免疫力を強くする調節性T細胞の数を増やしてくれるからだとか。

情報源: 【緑茶最強説】もう薬はいらないかも!?科学的に立証されている緑茶の7大健康効果 – IRORIO(イロリオ)

「土用の丑の日 ウナギの日」

  
今日は土用の丑の日 ウナギの日。

成田「川豊本店」のウナギ食べた〜い。
ところでウナギの効能って色々とあるあるでびっくりです。

豊富なタンパク質、100グラムの蒲焼きで2日分が摂れるというビタミンAをはじめ、ビタミンB1、B2、D、E、さらにはカルシウム、鉄分と体に必要な栄養素がこれでもかというほど含まれている優秀な食品です。

引用元: うなぎ効能

「クコの実の効能」

  
クコの実には血圧や血糖の低下・抗脂肪肝・精神の強壮作用・血行改善・眼精疲労の回復・免疫機能調整などがあるとされています。

引用元: http://www.slow-beauty.net/post-554/#kounou

お手軽で健康になれる『水煮缶』の栄養が侮れない

お手軽で健康になれる『水煮缶』の栄養が侮れない – NAVER まとめ.

蕎麦がき作って食べてます

  
蕎麦がきは腹の足しになるし食べてもヘルシーだし良いことだらけ。蕎麦湯も大好きで飲んでますw

◆蕎麦の効能

特有成分「ルチン」が含まれており、これは毛細血管を丈夫にする働きがある「ビタミンP」の一種。脳溢血や出血、凍傷の治療に使われる成分。また、「ポリフェノール」の親戚で抗酸化物質。血管壁を強化するコラーゲンの生成を助け、毛細血管を丈夫にし、動脈硬化を予防する働きがあるルチンを多く含む食品は、そばの他に、柑橘類、さくらんぼ、杏など。
コレステロールを排出する食物繊維が豊富で、腸に適度な刺激を与え、便通を促す。ビタミンB1も多く含まれており、糖質の代謝を助け、疲労回復の効果がある。体質により、アレルギーをおこすこともあるので要注意!!
【引用元】薬膳の書

味噌の効能

 
 1.たんぱく質を作るための必須アミノ酸が含まれている

2.胃の中の消化液の分泌を促す
3.腸内の善玉細菌を復元させる
4.腸内にある他の食品の消化を助ける
5.植物由来の良質なビタミンB群の源(特にビタミンB12)
6.血液やリンパ液の品質を強化する
7.乳癌、前立腺癌、肺癌、大腸癌のリスクを低減させる
8.味噌の中のジピコリン酸が放射性物質から体を護り、重金属と結びついたアルカロイドを体外に排出する働きがある
9.免疫システムを強化し、悪玉コレステロールを下げる助けになる
10.フリーラジカルから保護する抗酸化物質の量が多い

引用元: すらるど